水害リスクについての説明の義務化

以前のブログで予想しておりましたが・・・意外と早く施行されることになりました

 

 

令和2年8月28日に宅地建物取引業法が改正され、「水害リスク情報の重要事項説明の追加」が義務化されます。賃貸借契約・売買契約問わず、重要事項説明時には必要となります。主に、洪水・雨水出水(内水)・高潮とわかれています。(これらは行政のホームページなどに載っています。)

 

 

これは、近年の大雨による水害が全国的に頻発しているためです。

 

 

この改正に伴い、当たり前のことですが・・・宅建業者として、誠実な対応・報告が求められます。

 

 

ただ、いたずらにお客様の不安をあおるような報告はあってはならないと思います。不動産業者として、貸主様や売主様への聞き取りだけでなく、行政や消防関係への事実確認、現地調査が当然に必要となります。

 

不動産のことは森松宅建へお気軽にお問い合わせください。

投稿日:2020/08/23   投稿者:日野 隆広